エクセルの”DATEDIF”が日数や年齢の計算に超便利!

お仕事

DATEDIF関数って何?

DATEDIF(デイトディフ)は、2つの日付間の、日数・月数・年数を計算してくれる便利な関数です。

私は看護研究などで、患者様の治療期間年齢など統計をとるときに、よく使っていました。統計がチンプンカンプンな私でも使いこなせる、超初級の簡単関数です。

実際の入力方法

=DATEDIF(開始日のセル,終了日のセル,“●”)

日数を求める場合は”D” 月数は”M” 年数は”Y”と●部分に入力

以下、私の前社の勤務期間を例にあげると・・・

入社(開始日) 退社(終了日) 日数”D” 月数”M” 年数”Y”
1997/10/16 2017/12/30 7,380 242 20

1年未満の月数を求めるには、=DATEDIF(開始日のセル,終了日のセル,“YM”)
1月未満の日数を求めるには、=DATEDIF(開始日のセル,終了日のセル,“MD”)

勤続期間 20 ”Y”を使用
2 カ月 ”YM”を使用
14 ”MD”を使用

=DATEDIF(開始日のセル,TODAY(),”●”)

このTODAY()を使うと開始日から本日までに期間を計算することが可能。

開始日に誕生日を入力すれば満年齢を計算できます。
家電製品を購入した日時を入力しておけば、購入してからの経過期間を一発で確認することができて便利(笑)!
結婚記念日が何周年目か忘れてしまっても、これがあれば大丈夫。

=TODAY()と=NOW()

セルに=TODAY()を入力すれば今日の日付=NOW()と入力すれば今日の日付&現在時刻が表示されます。紙で提出する文書などに使用すれば、正確な日時を記すことができます。

日付 =TODAY() 日付と時刻 =NOW()
2019/2/24 2019/2/24 18:30

※注意:データはリアルタイムでアップデートされてしまうので、期間を区切って計算する場合は、終了日セルを指定しておきましょう。

まとめ

2つの日付の期間を計算してくれる便利な”DATEDIF関数”を紹介しました。関数を入力しておくことで手計算のミスを防ぐこともできます!超簡単ですので是非使ってみましょう。

※”DATEDIF”はロータス1-2-3との互換の為に作られた関数で、エクセルの関数挿入では出てきません。Microsoft公認ではなく多少のバグがあるようです。正確を期すためには使用に注意が必要です。

コメント