手荒れを改善、ハンドクリームと化粧水を使った簡単ハンドケア

季節の話題

寒い季節、手荒れ、ささくれ、あかぎれ、爪が割れる。。。などお困りではありませんか?
私は紙を扱う仕事をしているので、指先がガサガサで、よく爪も割れてしまいます。紙をめくろうと思っても、うまくできません。
たまに指先を舐めてからお札を数える人を見かけますが、さすがにそれはちょっと。。。(笑)

同僚から教えてもらった、私に効果があった簡単なケア方法をご紹介します。

なぜ冬に手荒れが多い?

特に冬の寒い季節、湿度は低く空気は乾燥しています。手に限らずお肌の潤いが失われがち。

皮膚の表層には角質層があります。角質層では分泌される皮脂と汗などの水分を保持し潤いを保つことで、外部刺激からのバリアの役割をしています。もともと手は皮脂腺が少ない(手のひらには全くない)ため、他の皮膚より厚めの角質層で保護されてます。

乾燥により水分を失うと、角質層のバリア機能が破壊され、手荒れが発症しやすくなるというメカニズムです。特に、水仕事で洗剤をよく使う、銀行員でお札を扱う、配送業で段ボールを扱うなどのお仕事の方に多く見られるそうです。最近はパソコンやスマートフォンを扱う方で、キーボード操作・画面のフリックを頻繁に行うことで指先に過度な摩擦が加わり、手荒れを起こすケースが増えているそうです。

手荒れケアのポイント:保湿と皮脂を補うこと

ずばり、水分と皮脂を補う!

手荒れでお悩みの方は、ハンドクリームを使っている方が多いと思います。ハンドクリームを塗る前にちょっとした手間を加えてみましょう。
ハンドクリームの前に化粧水を使う。それだけです。

お顔のケアでは、洗顔→化粧水→美容液→乳液→保湿クリームの順に使います。

手も同様の順でケアしてあげてください。洗顔が手洗いにあたりますので、入浴後、手を洗った後、水仕事後には、化粧水→ハンドクリームの順で使用します。ネイルケアクリームを使用する場合は、美容液と同じ順番で使用できます。

どんな化粧水・ハンドクリームを選べばいいの?

お一人お一人のお肌のコンディションが違うので、こればかりは何とも言えません。すみません。ここまで書いておきながら・・・。
でも、以下のポイントで選択してみてはいかがでしょう?

化粧水は普段使用しているものを

今、ご使用の化粧水は、お顔のケアでトラブルがないものを選ばれていると思います。自宅ではそのままお顔と手を兼用で使えます。外出先ではミニボトルに詰めて使いましょう。

ハンドクリームはお好みで

ネットで調べると、おすすめハンドクリームランキングを見ることができます。ご自身でお好みのものを選択してはいかがでしょう?
私はあまりべたつかないもの、香りがついているクリームを使っています。ハンドクリームの香りは、すぐになくなってしまうものが多いので、使ったひと時、香りで癒されリフレッシュできます。ラベンダーやジャスミンがお気に入りです。今は頂き物のイスラエル製のSABONバターハンドクリームを使用しています。人気あるみたいですね。


入浴後は白色ワセリンを使用。手だけでなく、角質が気になる足・肘・膝にも。もちろん化粧水後に塗っています。多少べたつきますが、がっつり保湿される感じです。


爪には入浴後、化粧水とハンドクリームの間に、爪集中補修クリーム(メンソレータム ハンドベール プレミアムリッチネイル)を使っています。


ケチらず、たっぷり使用する

化粧水、美容液など、モノによってはとっても高価。私も使ったことはありますが、もったいないと思うと、なんだかケチって量をチビチビ使いがち。。。思い切ってたっぷり使えるモノを選んでいます。
私が20年間愛用しているのは「極潤」。今はライトタイプやディープケア用のジェル、ボトルタイプなどラインナップがありますが、使い始めたときは1種類のみでした。ボトルはガラス製でした(笑)。今はプラスチック製ですね。
お財布に負担の少ないプチプラで、ケチることなく、たっぷり使える化粧水をお勧めします。もちろん自己投資を惜しまない方は、高価なモノをたっぷりとご使用ください!

まとめ

手荒れのハンドケアには、ハンドクリームを塗る前の化粧水保湿がおすすめです。

おまけ:もうすぐバレンタインデーですね。ホワイトデーにハンドクリームを頂くと、とっても重宝します。義理チョコをプレゼントする時、お相手にそれとなく囁いてみてはいかがでしょう(笑)

※私には効果がありましたが、すべての方に効果があるとは限りませんので、ご了承ください。
※アトピーやその他の疾患が原因の皮膚トラブルのケースもありますので、その際はお近くの皮膚科を受診されることをお勧めします。


コメント