加湿器の選び方、メリットとデメリットから最適の加湿器を賢く選ぶ

季節の話題

冬の時期にお部屋の湿度を適切に保つことのできる加湿器。種類がたくさんあるけど、何を選べばいいのでしょうか?
加湿器の4種類の方式と、そのメリット・デメリットを調べてみました。

加湿器を使用することで得られる効果

  • インフルエンザや風邪を予防する
  • 喉・鼻・お肌の乾燥を防ぐ
  • ハウスダストの飛散を防ぐ

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的

厚生労働省 インフルエンザQ&Aより

乾燥した冬、加湿器はインフルエンザの予防に効果的なんですね。

加湿器の仕組みは4種類。各方式のメリットとデメリット。

超音波式加湿器

超音波の振動を利用し、水を微細な粒子にして空気中に送り出す方式。

メリット:簡素な造りで、安価で消費電力が小さい
デメリット:水を気化していないので、タンク内の水に雑菌が含まれていた場合、空気中に飛散させてしまう。

蒸気式(スチーム)加湿器

電熱装置で水を加熱・蒸発させて加湿する方式。ファンを使用しているものを「スチームファン式加湿器」と呼ぶ。効率的に湿気に・熱を部屋中に循環させることが可能。

メリット:水を100度以上に加熱するので、クリーンで温まった蒸気をお部屋に供給できる。
デメリット:電熱を利用するので超音波式・気化式よりも電気代が発生する。高温の蒸気が発生するので火傷に注意が必要。

気化式(ヒーターレス)加湿器

フィルターに水を透過させ、ファンの風で水を気化することで加湿する方式。

メリット:加熱をしないので蒸気式加湿器よりも電気代が安価。
デメリット:フィルターに雑菌が繁殖すると空気中に飛散させてしまう可能性がある。広い空間を加湿するには大きなファンが必要。

ハイブリッド式加湿器

蒸気式加湿器と気化式加湿器との両方の機能を持った製品。

メリット:蒸気室加湿器に比較し電気代が安価。蒸気式で稼働している場合はクリーンな加湿ができる。
デメリット:価格が比較的高価。気化式と同様のタンク・フィルターの清掃が必要。

結局、何を選べばいいの?

赤ちゃんやお年寄りなど抵抗力の弱い方には、クリーンな蒸気が供給できるスチーム式がおすすめと言われています。ネットで調べると、売れ筋加湿器がたくさん紹介されているので、目的と予算に応じて選択されてみてはいかがでしょう?

おまけ:私が使用しているラインナップを紹介。我が家では、リビングには大型の空気清浄機で加湿機能があるものと、大容量の超音波式を併用しています。会社のデスクでは小型の超音波式を使用しています。こんなかわいい奴です↓電力はUSB供給です。結構しっかり蒸気が噴出します。

部屋全体を加湿することはできませんが、作業スペースである卓上を40%程度に加湿することはできます。コンタクトレンズを使用している目の渇きが緩和される感じです。蒸気の噴出口をうっかりファイルなどでふさいでしまうと、デスクが水滴で大変なことに!(笑) PC周りでは設置場所を工夫してくださいね。

タンクの水量はマグカップ程度。始業時にセット、帰宅時に水を捨て、綿棒のような給水芯を熱湯でさっと洗って乾かす。手間は1分位(笑) そのひと手間で快適な湿度が得られています。

サボテン好きの私は、フォルム・吹き出す蒸気・ビビッドな緑色で癒され、殺伐とした仕事に彩りを与えてくれ、適度な湿度を与えてくれる便利グッズです!


 


 


 

コメント